量子ネイティブ育成センター|東京大学

量子ネイティブ育成センター|東京大学

Photo by Connie Zhou

MESSAGE

量子ネイティブが切り拓く未来

量子技術の進展は目覚ましく、ここ数年で、量子コンピュータを直接体験できる環境が整いつつあります。この分野は生まれてまだ間もなく、基礎技術の開発から科学・社会問題への応用まで、さまざまな可能性を広く追求していく段階にあります。量子コンピュータの研究は、計算科学や情報、物理、電気工学、材料科学など、いろいろな学術領域の知識を必要とします。その一方で、量子コンピュータなど量子計算技術を使いこなす「量子ネイティブ」には、量子計算をいかに使うか、どのような応用が可能かを自ら体験し、さらに発展させていく能力を身につけることが大事だと考えています。そのため、東京大学では、量子イニシアティブ構想の中で「量子ネイティブ育成センター」を立ち上げ、理学から工学、情報科学など広い分野の学生・若手研究者を対象に、量子ネイティブに向けた教育活動を推進していきます。

Credit: Graham Carlow
Credit: IBM Research
Photo by Connie Zhou

OVERVIEW

量子ネイティブ育成センターでは、量子ネイティブの育成を目標に、理学、工学、情報科学など全学を対象にした教育を進めていきます。大学1・2年生を対象とする「アドバンスト理科」と、素粒子物理国際研究センター・情報理工学系研究科が連携し、学部から大学院へとシームレスにつながる教育プログラムを実施することで、社会実装や産業への応用、学術分野での量子研究を主導する人材の育成を目指します。

Q-Native Education Center

  • 総合文化研究科
  • 工学系研究科
  • 素粒子物理国際
    研究センター
  • 理学系研究科
  • 情報理工学系
    研究科
  • 新領域創成
    科学研究科

MEMBERS

量子ネイティブの育成と量子コンピュータの利活用を進めていくためには、さまざまな学術領域の知を結集する必要があります。情報理工、先進科学、物理、化学、工学の各分野で第一線にいる研究者が結集し、教育と研究の両面で量子技術の開発と応用を強力に推進していきます。

PROGRAM

初年度である2021年度は、全学の後期学部生を対象として、実践的な講義「IBM Qを用いた量子コンピュータ実習:ハードとソフトで学ぶ」を実施します。この講義では、実際の量子コンピュータを使ったソフトウェア実習と光量子系を用いたハードウェア実習(希望者のみ)を行います。量子コンピュータの応用可能性と量子実験の面白さを学生自身が体感することで、量子技術の研究へと進むための起点となる授業を目指します。

講義
「IBM Qを用いた量子コンピュータ実習:ハードとソフトで学ぶ」

Quantum computer training using IBM-Q: Learn with both hardware and software

PREV
NEXT

PARTNERS

  • 東京大学 未来社会協創推進本
  • 東京大学 素粒子物理国際研究センタ
  • 東京大学 大学院 情報理工学系研究
  • 東京大学 大学院 理学系研究科・理学
  • 東京大学 大学院 工学系研究
  • 東京大学 大学院 新領域創成科学研究
  •  東京大学 大学院 総合文化研究科・先進科学研究機構(アドバンスト理科
  • CHICAGO QUANTUM EXCHANGE
  • CERN Openlab:
  • LBNL/UC Berkeley
  • LBNL/UC Berkeley

CONTACT

授業内容についてのご意見やご質問は、いつでも歓迎します。
事務局(東京大学素粒子物理国際研究センター)まで、下記アドレス宛のメールでご連絡ください。